仮想化基盤を使ったサービスの公開

クラウドサービスは、多くの企業や個人が活用するようになってきており、様々な取り組みが行われています。

ビッグデータと呼ばれる巨大な情報の塊をクラウドサービスで使う為の応用事例も研究が進んでおり、クラウドサービスを更に進化させています。仮想化基盤は、クラウドサービスを支える基礎技術として使われており、この基盤を提供しているメーカーからは、仮想化基盤の機能を効率的に使えるようにAPIが提供されている事が多いです。



このAPIを使う事によって、高度な機能を開発者が自在に組み込んでいく事が出来るようになります。企業が仮想化基盤を導入するには、サーバにそれを実現するソフトウェアを自前で構築するよりも、既に仮想化基盤サービスとして提供されている物を利用するのが有効です。

仮想化基盤では、色々なOSを使う事ができ、そのOS上でデフォルトスタンダードで使われているソフトウェアを使ってサービスの環境を構築していく事が出来ます。

マイナビニュースの詳細はこちらで簡単に調べられます。

サービスの公開をしていく際には、十分にテストを行なっておく事によって、多くのアクセスがあってもシステムがダウンしないような強い仕組みが構築する事が出来ます。


この仕組みの良いところは、複数のサービスを展開していく事ができ、その際にサービス毎にサーバやソフトウェアが必要が無いという事です。

幅広い分野のNutanix情報がリニューアルしました。

メンテナンスもサーバ上で行うだけで済みますので、従来のような複数のサーバを同時に管理する手間と時間を省けます。