仮想化基盤を使ったシステムの構築

企業では、業務活動を支援する為のシステムをサーバとクライアント端末で構築してきました。
これによって、取引先や顧客との取引情報などを管理したり、業務で活用出来る仕組みを作ってきました。しかし、この方法は、サーバのメンテナンスなどが必要になってきますので、時間と手間とお金が掛かる事が多々あります。

本物の毎日新聞の情報ならこちらで掲載されています。

近年では、社内サーバやネットワークによるシステムを仮想化基盤で構築するケースが増加しています。



この方法は、複数台のサーバで運用していた場合、性能が高い一つのサーバに集約する事ができ、そのサーバに仮想化基盤用のシステムを組み込んで複数の仮想マシンを構築し、仮想マシンにOSやソフトウェアを導入する事で用途別に応じたシステムを作っていく事が可能になります。仮想化基盤は自前のサーバに構築するだけでなく、システム会社がサービスとして提供しているケースもあります。

このようなサービスを使えば、企業がサーバを用意しなくてもアカウントの取得をするだけで使えるようになります。


但し、仮想化基盤サービスは、サーバを丸ごと借りる事が出来る場合と複数のユーザーと共有して使う事が出来る場合がありますので、提供されているサービスがどのようなサービスを展開しているのかを確認しておく事が必要です。

Nutanix関連情報を紹介しています。

仮想化基盤によってシステムを構築しておけば、パソコンやスマートフォンやタブレット端末など多彩な機器からインターネットなどのネットワーク経由で使えるようになりますので利便性が高まります。