複数のオペレーティングシステムが使える仮想化基盤

パソコンと一言で言ってもいろいろなオペレーティングシステムがあります。
また、同じオペレーティングシステムでも世代によってもできることが違います。

あたらしい環境で使用することができれば問題ありませんが、いまでは更新されなくなったアプリケーションを使い続けたいなど古い環境を維持する必要がある場合も考えられます。

それぞれのオペレーティングシステムごとに実体のあるシステムを構築するとなると莫大な費用、場所、維持費が必要となります。

必要な環境も目的によってそれぞれ異なるため、使っていて足りなくなったり、あまり使わないためオーバースペックだったりと適正な環境を構築するのは大変です。

仮想化基盤を導入すれば効率的に運用することができます。

Nutanixの情報を求める人におすすめのサイトです。

一つのサーバーの中に必要な分だけの仮想化基盤を構築し、それぞれに別のオペレーティングシステムをインストールします。



仮想化基盤なので領域は必要な分だけ確保することができます。

足りなければ領域の調整をすれば対応可能です。

このように仮想化基盤を利用することで世代ごとのオペレーティングシステムの動作確認なども簡単に行うことができます。

ユーザーがどんなオペレーティングシステムでアプリケーションを使用するかわかりません。
すべての環境で確認したいときに同じサーバーにあることでファイルのやり取りもスムーズに行うことができます。

NAVERまとめに関するお役立ちコンテンツ満載です。

いちいち物理的な接続をしてネットワークを構築する必要がありません。