省エネルギーな仮想化基盤

いまの世の中はほとんどのものが電子的に扱われるようになりました。


情報やサービス、通貨に至るまで様々です。
そのような電子的なやりとりを支えるのがサーバーと呼ばれる電子機器です。電子的なやりとりを行いたい企業やそれをサポートする企業が高性能なコンピューターを使って、大量の記憶装置を維持しながら運営します。電子的なやりとりを運営する企業はたくさん存在していて、それぞれが特色のあるサービスを提供しています。大きな取引が行われるような規模のものや個人同士の取引に使われるもの、双方向のデータのやり取りが常に行われているものや一方向の情報発信などまとめることができない差を優位点としています。



そのようなひとつひとつの要望に応えるためにサーバーを個々に用意していたらいくら場所や電力があっても対応しきれません。

解決策として仮想化基盤が使われるようになりました。


仮想化基盤とは、名前のとおり実在しません。

お手軽さが魅力のNutanixの情報なら当サイトにお任せ下さい。

サーバーの中に作られる仮想的なサーバーです。

この技術を利用することで、ひとつのサーバーを複数のサーバーのように扱うことができます。

仮想基盤ごとにオペレーティングシステムを変えることもできるし、やりとりの優位点に特化した環境を構築することができます。仮想化基盤を利用することで省スペースで省エネルギーな環境を実現することができます。

また、実体がないため要望に合わせて記憶環境を増減したり、新たな仮想化基盤を用意して平行して運用することも可能です。

livedoorニュース情報探しのサポートをいたします。