仮想化基盤の歴史と開発

仮想化基盤の発想は1,960年代からすでにありました。

例えば、ハードディスクを用いてメモリを仮想する技術などはすでにあったのですが、この時代には一部のパーツを仮想化するというものでした。



その後、基盤村ものが仮想化されるようになります。
一つのハードウェアにホストプログラムがインストールされ、それがゲストのソフトウェアに対して仮想的なハードウェアを提供するというものです。



ゲストとして用いられるソフトウェアはOSであることが多く、そのために独立したコンピュータのように振る舞います。

これができるようになったために、一つのハードウェア上で複数のOSを動かすことができるようになったのです。

もちろんですが、ホストコンピュータのスペックによって、ゲストコンピュータも制限はされます。

ホストコンピュータからゲストコンピュータは独立していますから、ホストコンピュータと別のOSが搭載されていても何ら問題はありません。ただ、ハードウェアを共有することができればよく、そのOSがハードウェアを使うことができるような仕組みがあれば良いのです。

47NEWSの情報が満載です。

仮想化基盤というと、特別な人が利用するものというイメージがありますが、普通の人でも利用したことのあるものは多くあります。
例えば、エミュレータも仮想化基盤の一つだと言えるでしょう。ソフトウェア開発をする際には様々なOSに対応しなければなりませんから、エミュレータを活用することも多いです。